Help

慈眼寺 目白不動尊(豊島区)

  • 42

Photos: 慈眼寺 目白不動尊(豊島区)

Photos: 慈眼寺 目白不動尊(豊島区) Photos: 慈眼寺 目白不動尊(豊島区)宿坂

mixiアルバム「豊島区高田/山吹の里~氷川神社~南蔵院~金乗院(目白不動)」コピペ――
https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000041862322&owner_id=32815602
2011年11月13日 00:38
110919、110922――

●山吹の里――
明治の末まで、このあたりは山吹の咲き乱れる野原だったそうな。面影橋のたもと(北詰、東側)には、右手を頬にあてた観音像の石碑があります。※大田道灌公の歌。


●氷川神社――
※氷川神社については「武州一宮“氷川神社”3」を参照。
※現在、境内は写真撮影禁止と表示されていました。2009年にはその表示は見られません…。
江戸時代“氷川大明神”と呼ばれた。
“高田氷川神社”とも言う。主神は素戔嗚尊で“男体の宮”とも呼ばれ、落合村(現・新宿区下落合)の氷川神社がその妻 奇稲田姫命を主神で“女体の宮”と呼ばれた。併せて“夫婦の宮”と呼ばれていた。
開山年代は不詳だが、平安時代に“東下り”の在原業平が立ち寄ったとか。
下高田村の総鎮守。


●大鏡山 薬師寺 南蔵院――
※墓地見学不可。
真言宗豊山派。
本尊は薬師如来立像(奥州藤原秀衡持仏という言い伝え)。
開山は室町時代で円成比丘。
もと護国寺の末社、氷川神社の別当。
3代将軍徳川家光が幾度か足を運んだとか。
彰義隊の首塚など。


●神霊山 金乗院 慈眼寺――
真言宗豊山派。
本尊は聖観世音菩薩。
※戦前、目白不動堂は現在の文京区関口にありました。“東豊山 浄滝院 新長谷寺(ひがしぶざん じょうりゅういん しんはせでら)”と号した。
戦後、金乗院に合併し、本尊目白不動明王を金乗院に移した。新長谷寺は奈良県桜井市真言宗豊山派総本山長谷寺末であり、本尊目白不動明王は江戸三不動の第一位、江戸五色不動の随一として名高い。
本尊不動明王は弘法大師作と伝えられ、高さ8寸(25cm)、断臂(だんぴ)不動明王といい、秘仏。
この不動明王は自ら左腕を断ち切り、そこから火焔が噴き出しているという独特の姿をしており、特別に強い力があるという。


※五色不動については→ https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000054483819&owner_id=32815602

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.