Help

榎稲荷神社(千駄ヶ谷2丁目)

  • 91

Photos: 榎稲荷神社(千駄ヶ谷2丁目)

Photos: 榎稲荷神社(千駄ヶ谷2丁目) Photos: 榎稲荷神社(千駄ヶ谷2丁目)

2013年08月02日 11:36
13.07.29.――
榎坂には、大東亜戦争前まで「お万榎」と呼ばれる榎の巨木があったという。
この巨木は上部が二股に分かれており人間が逆立ちした形で、股の部分が空洞になっていたことから女陰に見られ、性的信仰・性器崇拝の対象となって内藤新宿あたりの遊女や女将などが多く拝みにきたとか。

「お万榎」の名は、仙寿院を開基した紀伊頼宣生母 お万の方がこの木を信仰したことによる。この頃の瑞円寺住職は甥であったらしく、神木とされたこの榎を度々訪れていたとも伝わっている。
近隣住民は「古里大明神」との幟を立ててこの榎を祀ったという。江戸時代初期、大風により幹が折られ、根幹が朽ちて洞穴を開けてしまった。しばらくして、不思議にも2本の若芽が穴の左右から生じて伸長、人間が逆立ちしたような形となった。
これが評判となり、その洞穴に稲荷が祀られ、「榎稲荷」として拝まれるようになった。
しかし、大榎と榎稲荷は昭和20年(1945)5月、米軍による空襲で焼失する。
戦後、現在地に再建された。瑞円寺裏手、八幡への坂道。こっちの坂名は不明。
商売繁盛、縁結び、金縁、子授かりや子供の病気平癒などの信仰を集める。


wikiより――
昭和12(1937)年に出版された白石実三の著書には、榎坂について次のような記載がある。
――「千駄ヶ谷の例の榎」と言っただけで、誰もにやっと笑う。西部東京に5年以上住んでいる人は大抵あの榎を知っている。女陰の形をしている榎なのであるが、決して猥褻な感じは起こらない。淫らな気持ちなどは少しも起こさせない。むしろグロだ、滑稽だ。もしくはまじめな学術の研究資料にされるばかりだ。加藤玄智博士の英文「日本人の性器崇拝」でロンドンに紹介され、いまでは学会に貴重な世界的の名物である榎だ。二股の榎が、根本で又(クロス)をなすところは、幕をはって隠してあって、そこに「榎明神」だの「ふるさと大明神」だのという小旗が大真面で立ててある。紀州様の愛妾が植えたという杉を切ってからは少しも嫌味がない。花柳界から寄進したらしい石の花立には野花が飾られ、線香の煙が立ちのぼっている。――

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.