Help

祥雲寺(渋谷区広尾5丁目)山門

  • 33

Photos: 祥雲寺(渋谷区広尾5丁目)山門

Photos: 東江寺(渋谷区広尾)山門 Photos: 渋谷駅 JR埼京線ホーム(渋谷区)

mixiアルバム「祥雲寺 ・黒田長政(渋谷区広尾5丁目)」コピペ――
2012年12月12日 16:17
●12.11.27、12.12.08、15.03.29.ほか

祥雲寺 (広尾5丁目)
瑞泉山 祥雲寺。
臨済宗大徳寺派。
本尊、釈迦如来。
開基、黒田忠之。
開山、龍岳(京都紫野大徳寺住職)。

元和9(1623)年、長政没後、赤坂溜池の屋敷内に龍谷山興雲寺と称して創建。
寛文6(1666)年、麻布台へ移転。瑞泉山祥雲寺と改称。
寛文8(1668)年、江戸大火により現在地へ移転。
江戸期には塔頭6ヵ寺(諸説)を擁していた。
臨済宗大徳寺派 触頭として、御府内にある臨済宗大徳寺派寺院をまとめていた。

現在広尾にある、祥雲寺周辺の寺院は、かつてみな祥雲寺の塔頭や子院であったとされる。書物によってその数は6~8院と違うが、景徳院、東江寺、天桂院、香林庵、栖玄庵(棲玄庵)の5院はいずれの書物にも載っている。由ってかどうか、墓地は全寺共同だ。
景徳院は、武蔵国岡部藩主安部(あんべ)氏の菩提寺。
東江寺は、親良系堀家(秀政系。信濃飯田藩堀家)の菩提寺。
天桂院は、開基が堀孫太郎親智(1628?~1666)とされる。寛永14(1637)年、親良から下野国に3千石を分与されている。
とある史料では、親智の法名は宗雲、墓は渋谷の祥雲寺となっている。堀家の墓誌には、親智と思われる戒名「天桂院殿瑞溪宗雲」が刻まれている。(アップなし)
香林院は、説明板参照。
栖玄庵(棲玄庵)は、元禄2(1689)年霊泉院2世功海宗勲が建立。1828年以降に廃寺になったと思われる。
(霊泉院(または龍興院(隆興院))は、開基 松平佐渡守近栄。開山 徳峯宗古(祥雲寺2世黙翁宗淵の嗣法)。


マイマップ→ https://drive.google.com/open?id=1XySlPZDuzbTtEIqoUgiO9QhBG3Cq3z6x&usp=sharing

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.