Help

谷中霊園(台東区)阿部家墓所

  • 149

Photos: 谷中霊園(台東区)阿部家墓所

Photos: 谷中霊園(台東区)津山藩松平家合祀墓 Photos: 谷中霊園(台東区)阿部家墓所

mixi記事コピペ――2010年12月04日 15:00
入っていいと認識していましたが、施錠されてました。下の写真の左奥が正弘氏。大正天皇が墓参したという碑もあります。
阿部氏のみの敷地でしたが、現在は分譲され一般の方も眠られてます。



●mixiコメントコピペ――2011年01月31日 01:55
阿部正弘──
25歳で老中。
1853年黒船来航。諮問政策。
1854年日米和親条約(12ヶ条)。領事裁判権と最恵国待遇が不平等という、アメリカが一方的に有利な条項があったわけだが、決してアメリカが強引に押し付けたものではなく、日本が譲歩した結果のもの。誤訳も多かったそうだ。
1855年長崎海軍伝習所(4年で閉鎖したが大物続出)。
1856年講武所(築地。のち陸軍所)。初代頭取は男谷精一郎(ダヤ セイイチロウ。直心影流男谷派)。軍艦教授所がのちに設置され、勝海舟や村田蔵六らが教鞭を振るった。
1856年蕃書調所(当初 洋学所。九段下)。→1869年大学南校→1877年東京大学。
1856年伊豆韮山代官、江川英敏(太郎左衛門英龍の子)に反射路構築を急ぐよう指示。

1857年老中堀田正睦(ホッタマサヨシ。佐倉藩主)──神奈川条約(和親)→下田協約→日米修好通商条約──案の提示、交渉。
(アメリカが強引だったのは締結。ロシア、イギリス、フランス、オランダが次に迫っていたから。日本開国の一番手になる必要があった。)
反対勢力を黙らせるため、勅許を得んと自ら上洛するも、失敗。孝明天皇は大の外国嫌い。19世紀、その時すでに京には尊王攘夷論が広まっていた。儒教に由来し、江戸時代通して尊王論、攘夷論は存在していた。
──幕府衰退。阿部が広く意見を募ったことで、政治に口を挟む者が激増。民主主義に通じるものはあるが、問題を解決する能力がないと露呈するものになった。
堀田が条約の勅許に出たせいで、江戸開幕以来政治参加を許さなかった朝廷に発言権を与え、天皇が上位にいることを知らしめた。ふたりとも優れた政治家だっただけに致命的。

55年10月の大地震の復旧事業に支出かさみ、安政の改革はこの年の正弘の死とともに頓挫する。



※おまけ。安政の大地震──
●1854年11月04日、安政東海地震。震源遠州灘、マグニチュード8.4。沼津~伊勢に被害。房総~四国に大津波被害。2000~3000人の死者。
・11月05日。安政南海地震。震源土佐沖、マグニチュード8.4。四国~近畿に被害。太平洋側大津波被害。前日との峻別つかないが、数千人の死者。
●1855年10月02日安政江戸大地震。震源江戸川下流、マグニチュード6.9。関東全域を直下型襲う。4000人以上の死者。

?1859年コレラ大流行(当時は虎狼刺(ころり))。江戸で4~5万人が死んだらしい。真相はハテナ。



※おまけのおまけ。忘記。安政の大地震で藤田東湖は亡くなりました。



おまけ?
Ameba「お盆/お墓」 → http://ameblo.jp/emeth-spriggan/entry-10985280009.html
仏道、神道、お中元、墓参など、記事にしました。ご照覧あれ┌(_ _)┐

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.