Help

谷中霊園(台東区)阿部家墓所

  • 273

Photos: 谷中霊園(台東区)阿部家墓所

Photos: 谷中霊園(台東区)阿部家墓所 Photos: 谷中霊園(台東区)渋沢栄一墓

正邦から正教まで。


mixi記事コピペ――2010年12月04日 15:00
●阿部氏――
“安祥譜代7家”のひとつ。
戦国時代、松平清康に仕えた阿部定吉がいる。
松平清康が尾張国(那古野城 織田信秀)へ侵攻を開始したとき、突如として陣中に定吉謀反の噂が流れた。これは信秀の謀略であったともいわれるが、清康は定吉をもともと信用していなかったとされ、この噂は信憑性のあるものとして流布された。
定吉に謀反の腹はなかったが、処断される覚悟を決め、嫡男 阿部正豊を呼び「もし自分が討たれるようなことがあったら、無実を証明してほしい」と二心なき旨を記した書状を託した。
それから数日後(翌日?)、尾張滞陣中に清康の馬が本陣で暴れ出す騒ぎが起きた。正豊はこれを父が討たれたと勘違いし、本陣にいた清康に斬りかかり即死させた。正豊はただちに植村氏明に討伐された。これが森山崩れ。
定吉は責任を取って自害しようとしたが、清康嫡男 広忠は定吉を許し、そのまま登用した。
後顧の憂いか、定吉は後嗣を設けず、家を自分かぎりで断絶させた(井上氏は定吉の流れと考えられているが)。
松平氏に仕えた阿部氏は他にもおり、系譜は解明されていないが、三河国に土着した阿部氏の祖は孝元天皇の第一皇子 大彦命と設定されている。定吉・正豊とのつながりは明らかになっていないが、阿部正勝が近世阿部家系譜の頂点にいる。

●阿部伊予守――
阿部家・阿部宗家、阿部福山家・福山藩阿部家

1、正次、従五位下・備中守、従四位下
正勝嫡男。武蔵国鳩ヶ谷5000石。譜代家臣。
近世阿部家宗家初代とされる。
慶長5(1600)年、父の死去にて家督相続。
慶長8(1603)年、関ヶ原合戦後、相模国内に5000石を与えられ、都合1万石の大名になる。鳩ヶ谷藩立藩。
慶長19(1614)年、大坂の陣に大番組衆を率いて従軍。大坂城へ真っ先に突入、一番首を挙げて戦功第一と証せられた。
元和3(1617)年、上総国大多喜藩3万石。
元和5(1619)年、相模国小田原藩5万石。
元和9(1623)年、武蔵国岩槻藩5万5000石。
寛永3(1626)年、8万6000石。大阪城代となり、死去する正保4年11月14日(1647年12月10日)までの22年という長期間を勤め上げた。
寛永15(1638)年、家督と4万6000石を次男 重次へ。1万石を孫 正令に分与し、自身は3万石を領する。
※阿部正令(まさよし)。正次嫡男 政澄の嫡男。のち正能(まさよし)。寛永5(1628)年、政澄が父正次よりも先に病没。正勝次男 忠吉の次男 正秋(のち忠秋)の養子となった。
・武蔵国鳩ヶ谷藩 →上総国大多喜藩 →相模国小田原藩 →武蔵国岩槻藩

2、重次、従五位下・山城守、対馬守、従四位下
寛永15(1638)年、5万9000石。岩槻藩主となる。老中。この時同じく老中であった阿部忠秋は従弟。
慶安元(1648)年、9万9000石。父の遺領含む。
慶安4 (1651)年 4月20日、3代家光に殉死。

3、定高、従五位下・備中守
父の死去後、上総国大多喜の新田1万6000石は次男 正春に与えられる。
4、正春、従五位下・因幡守、伊予守
重次次男。宗家4代。のち分家、佐貫藩家初代。
万治2(1659)年、兄 定高が死去。嫡子(次男) 正邦が幼少のため宗家継承。自らの知行分と合わせて11万5000石。
あくまで中継ぎという約束だったが、正春方に不満を持つ者がおり、寛文3(1663)年12月、“汀騒動”と呼ばれる家臣殺害事件が起きている。
寛文11(1671)年、現在も岩槻の地に残る時の鐘 鋳造。
同年12月、宗家の遺領9万9000石を正邦へ譲り、大多喜へ帰る。
元禄15(1702)年9月、三河国刈谷藩へ移封。

5、正邦、従五位下・対馬守、従四位下、備中守
丹後国宮津藩 →下野国宇都宮藩 →備後国福山藩
6、正福(まさよし)、従五位下・伊勢守、従四位下
正邦4男。
7、正右(まさすけ)、従五位下・伊予守、従四位下・侍従
正福次男。
8、正倫(まさとも)、従五位下・備中守、従四位下・伊勢守
正右3男。
9、正精(まさきよ)、従五位下・備中守、対馬守、主計頭、従四位下・侍従
正倫3男。
10、正寧(まさやす)、従五位下・対馬守、伊予守
正精3男。
天保7(1836)年、政務に消極的で、相次ぐ自然災害下にありながらなんら対策を講ぜぬまま、隠居。弟 正弘に家督を譲る。
明治3(1870)年7月1日に62歳で死去。

11、正弘、従五位下・伊勢守、従四位下、侍従、贈従三位
正精5男。
天保8(1837)年、生涯一度きりの福山お国入り。
天保9(1838)年、奏者番に任じられる。
天保11(1840)年5月、寺社奉行見習、11月 寺社奉行に任じられる。
大奥と僧侶が11代家斉時代に乱交を極めていた事件が露見する。正弘は家斉の非を表面化させることを恐れ、僧侶の日啓や日尚らを処断(感応寺破却)、大奥の処分を一部分だけに限定して行った。この裁断により、12代家慶より目をかけられるようになったといわれる。
弘化2(1845)年、海岸防禦御用掛(海防掛)を設置、外交・国防問題に当たらせる。
薩摩 島津斉彬、水戸斉昭など諸大名から幅広く意見を求めて国政にあたった。さらに、筒井政憲、戸田氏栄、松平近直、川路聖謨、井上清直、水野忠徳、江川英龍、ジョン万次郎、岩瀬忠震など大胆な人材登用を行っている。安政2(1855)年には、勝海舟、大久保忠寛、永井尚志、高島秋帆らを登用、海防の強化に努め、講武所や長崎海軍伝習所、洋学所などを創設している。後に講武所は日本陸軍、長崎海軍伝習所は日本海軍、洋学所は東京大学の前身となる。また、西洋砲術の推進、大船建造の禁の緩和など幕政改革(安政の改革)に取り組んだ。
※“雨窓閑話稿”(松平春嶽著)――正弘は人の話を良く聞くが、自分の意見を述べることがほとんど無かった。ある人がそれを不審に思って尋ねると、「自分の意見を述べてもし失言だったら、それを言質に取られて職務上の失策となる。だから人の言うことを良く聞いて、善きを用い、悪しきを捨てようと心がけている」と笑いながら答えた――とある。
嘉永7年1月16日(1854年2月13日)、ペリー再来。同年3月3日(3月31日)、日米和親条約締結。約200年間続いた鎖国政策が終わりを告げた。
攘夷論者だった。極論や暴論を繰り返す攘夷派を抑えるために、本心を隠し意図的に協調路線を選択した点がうかがえる。教育研究機関を設置するなど実利的に洋学を導入しながら、自らは蘭方医の治療を最期まで拒んだという。先祖古来の鎖国体制を破ったことが心に傷をつくっていたという。
継嗣問題は一橋派。
天保14(1843)年閏9月11日、25歳で老中になった。
安政4年6月17日(1857年8月6日)、老中在任のまま江戸で急死した。享年39。
(著名人なので、あまり特集されないネタであろう部分を記した┌(_ _)┐)

12、正教、従五位下・伊予守
正寧長男。
文久元(1861)年、23歳で早逝。わずか4年間のみで、藩政になんら関わっていない。
13、正方、従四位下・主計頭
正寧3男。
文久元(1861)年、14歳で相続。第1次・第2次長州征伐に参陣。2次は病に伏せている。
慶応3(1867)年11月22日、長州藩軍が戊辰戦争へとつながる進軍を開始したとき、正方は病を悪化させ、福山城内にて20歳で死去。嗣子おらず、男系が終わる。断絶となるところだが、維新の混乱に死は秘匿された。
※阿部家歴代藩主で唯一、福山に眠る。
わずか7年間だけだったが、藩政において多くの施策を実施している。
14、正桓(まさたけ)、従五位下・主計頭、伯爵、従二位
浅野宗家13代長勲(ながこと)実弟。11代正弘娘 寿を室に、養子となる。
8代浅野重晟の4男 長懋(ながとし)の8男懋昭(としてる)の3男f(-_-;長勲は長男。

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.