Help

2021_0417_134133 京阪1000系電車

Photos: 2021_0417_134133 京阪1000系電車

Photos: 京阪1000系と700系 Photos: 2021_0417_134018 京阪1000系電車

ラッシュの対応としては増発とともに増結ということも行われてきましたが、当時の架線電圧の600Vでは7両編成が限界で、それ以上の増結は架線電圧を1500Vに昇圧する必要があります。
その準備も少しづつ進められ、新しい電車は1500Vへの切り替えを想定して造られていましたが、
旧型電車ではその想定がなく、昭和50年代に入り、増発がひと段落する見込みとなって次の昇圧計画が具体化してくると、戦前製の古い電装品を持つ700系はそのままではとても対応できないため、冷房化を兼ねて車体はそのまま生かして電装品を新品にする改造が行われ、形式も1000系になりました。

実態は改造ですが、陸運局への届け出上は新車となっています。
新車を作るのに再使用部品があっても基準を満たしていれば別に新品でなくても構いません。

遠い昔、国の工業力がなかったころは、鉄道車両も人や物の流れを左右する統制品で一民間鉄道が
国鉄を差し置いて新車の認可を官から取りつけるのは大変でしたので、昭和30年代後半まではその名残で、ほとんど原型をとどめず部品も残っていないような車でも改造だと言い張って古い電車の車籍を引き継いでいる電車が多くありましたが、昭和40年代に入るとそういうこともなくなり、今度は反対にどうみても改造車なのに一旦廃車してすっきりと新車として認可されている電車も見られます。
京阪ではこの1000系←700系 や2600系の0番台←2000系 がそれにあたります。

Favorite (9)

9 people have put in a favorite

Comments (9)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.